インドでわしも考えた

人間、実際に経験しないとわからんものってたくさんあります。

病に苦しんでいる人を見て、労ろうとしてもなかなかご本人の痛み、苦しみを感じることはできないものであります。

母が「五十肩で腕が上がらない……」と嘆いた姿も、「???」と見つめていた親不孝な娘です。

しかし、そんな私ももうすっかり大人。

人の痛みがわかるようになりました。

……、いやいや、ここ2年ほどで生まれて初めてぎっくり腰、四十肩を経験し、噂通り……こんなに痛いものか!!!と自分で体験しただけで^^;

 

その時、ふと頭をよぎった「痛みのない人生をもう一度」。

このフレーズ、10年以上前にも思ったことあったよな~と振り返ってみました。

 

 

そう、あれはインドを旅行していたときのこと。

2度目の「負け」をインドで経験してしまうのか?!と頭の中で、このフレーズがグルグルと回っておりました……。

 

 

はじめてインドの地を踏んだのは、大学の卒業旅行で北インド・ハイライト1週間のパックツアーの時。

 

よく言う「インドでカルチャーショックを受けて世界観が変わった」はなかったものの、

 

「インド=灼熱の国」というステレオタイプの考えからは開放されました。

 

……というのも、私が訪れた1月の北インドは予想以上にずっと寒くって、

ベナレス(バラナシ)で早朝にガンジス川をボートに乗って見学する時、

薄手のコートではそれはそれは寒うて、寒うて((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

死体がプカプカ浮かんでる横で沐浴してる姿とかへの衝撃よりも

何よりも、さ、む、い~~~と震えておりました(;´∀`)

 

 

 

で、風邪を引きました。

 

 

 

小さい頃からず~~と見てみたいと思っていた、ハイライト中のハイライト、タージ・マハールにたどり着いた時は、熱が出てヘロヘロ(;´Д`)。

 

風邪薬飲んでぼんやりとした頭でタージ・マハール見学。

 

 

 

「北インドの冬は寒い!」と頭の中のノートを書き換えときました(T_T)

 

 

 

と、ちょっと初インドに負けてたので、2回目は勝ちに行くぞ!と思うも、

いきなりビザ申請でこけたり、今度は暑さでやられて熱中症になって

まる3日ほど寝込んだり。

 

また「負け」の色が強くなりつつありました……。

 

このままではいかん、今回はインドに負けへんで~! 

と意気込むも、さーて、北から南下してインド最南端の岬の街、カニャークマリに着いた時、自分のカラダにある異変が起きていることに気づきました。

 

 

ん? んんん?

 

 

いや、まさか、この痛みは……とある思いがよぎるも、気のせいでしょ、とちょっと寝て休んでみるも……、いや、やはり痛い。

 

 

 

インド最南端、ほんま先っぽにあるカニャークマリは、アラビア海、インド洋、ベンガル湾の3つの海が交わるポイント。

ここでは太陽が海から昇り、沈むという絶景ポイント……やから、痛みをこらえて夕日を見に行くも、痛みが気になり落ち着いて見てられへん~(T_T)

 

明日は移動もあるし……、と観念してバックパックの中からポケット版和英辞典を調べて、ドラッグストアへ。

カクカクシカジカと、中学生レベルの英語で説明して薬購入成功~。

 

さすがインディアン・メディシン、すごい毒々しい緑色であります!

こんなん飲めるかいな~なんて思っている余裕もなく、とにかく飲んでみる。

副作用バリバリ!て感じの薬なやし、一晩寝たらこりゃきっと……、と淡い期待をいだきながら眠りに就き……。

 

しかーし、そうは問屋が卸さない。

いくらインディアン・メディシンでも半日で治すのは厳しかったようであります。

痛みとともに目を覚まし、3つの海から昇る朝日を見に行く元気はなく……。

 

ゆっくりしたかったけど一晩でチェックアウトして、小さな海辺の町・バルカラに。

この移動が……、いや~~~、実にキツかった!

 

 

そりゃ~、ここはインドですもの、道そのものも確かにガタガタ道。

とはいえ、そこまでひどい道ではない。

移動に使った長距離バスも、日本でやったらとっくに廃車レベル!とはいえ、アジアではよくあるフツーの古びたボロバス。

そう、元気やったら別に「どうってことない」レベル。

 

フツーやったら表情一つ動かさずに過ごせるレベルやったんやけど、この時の私はちがった。

ガタっとくるたびに、ビクッ、ズキズキ~~~。

断末魔の叫びな顔です……。

 

そんな状態で、ガタガタ道を長時間……、到着する頃にはハァハァ(;´Д`)。

 

 

さて、これだけ私が苦しんだ理由は……、

 

 

 

えーーーーーーーと、

 

 

 

とっても言いにくい(書きにくい)んですが……、

 

 

 

 

 

 

 

えーーーーーーーーーーーーーーーと、

 

 

 

 

 

「やまいだれ」に「寺」と書いて、

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、「痔」です!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

28歳の私、生まれて初めて「痔」を発症しました。

しかも、インド最南端の地で……。

 

 

 

 

 

ほかの旅行者の話から、「下痢」くらいは当たり前、

「チフス」「デング熱」「マラリア」あたりも多少は

覚悟してたけど……。

「痔」はさすがに想定外のオプション(・∀・)b

 

 

カニャークマリに着いて宿を探してすぐトイレに行き、

排泄行為、すなわち脱糞ですね、した後に

 

 

「いてててててて~~~!」という痛みを感じ、それからどんどん痛みが

ひどくなっていき……。

 

 

 

インドネシア、シンガポール、マレーシア、タイ、ネパールを経てたどり着いたインド。

次はエジプトのカイロに飛ぶ予定で、そこからヨルダン、シリア、トルコ、イランと

周る予定やったので、まだまだ旅は折り返し地点にも……。

 

でも、この痛みは、たとえるならば、因幡の白うさぎのように皮を剥がれたところに、粗塩をすり込まれるような……?

これはなった人にしかわからん痛みかと。

 

小さい頃よく新聞広告で見た

「痛みのない人生をもう一度」

というヒサヤ大黒堂のコピーが、「うむ、確かに……」とトイレでうずくまりながら、頭のなかでリフレイン。

とっても無念やけど、旅行を中断して帰国するか?!

そんなことまで頭をよぎりました。

 

 

ちなみに、その1ヶ月前、ネパールにいた時、父から

「2年前に手術した直腸ガンが転移再発して前立腺ガンだとわかった。でも、放射線治療で大丈夫だから、心配せずにおまえはそのまま旅を続けて、見識を広げてきなさい」

とメールが届いておりました。

 

「ええええ~! お父さん、大丈夫?!」

と驚きながらも、「じゃ、お言葉に甘えて旅を続けさせていただきまっさ」と1秒後には旅行続行を決断していた親不孝な娘です。

こりゃ、バチでしょうか(;´∀`)

 

 

父のガン再発では帰国せず、自分の痔で帰国?!

二回連続、インドに負けてしまうのか~~~(´;ω;`)

 

 

 

ネ、ネタになるかちら……?

でも、私、一応女やから恥ずかしくって言えない~~~~。

さらに、今いてる街から帰国しようと思ったら……、

一番近いのはムンバイ(ボンベイ)やけど、かなり遠いぞー。

その移動にこのお尻に爆弾を抱えた状態でたどり着けるか?

考えるだけでも悶死してしまいそうな。

 

海外旅行保険が使えそうな病院もこんな南インドの田舎やったら

ないよーーー。

 

仕方がない、

静かな浜辺でひたすら安静に。

ドラックストアの人に言われた「辛いモノは今は食べないように」「硬いものではなく、柔らかいものを食べるように」を守って、大好きなサモサをぐぐぐぐぐーーーっと我慢。

 

移動無しで、数日おとなしていたら、さすが毒々しい真緑のインディアン・メディシン、効果抜群です!

 

 

トイレに行って……、用を足しても……、

 

 

 

「い、いたくな~~~~~い」

 

 

 

 

痛みがないというのがこんなに幸せとは知りませんでした。

 

 

 

 

これで、しばらく我慢していたサモサも食べられます!

 

 

 

いつも失ってはじめて、ありがたみってわかるもんです。

ぎっくり腰になって立てなくなってはじめて、腰が痛くないことの幸せに気づく。

 

 

 

「足ることを知る」

 

昔は、この言葉って、なんか向上心がなく、現状で満足しろって言われているようで、なんか嫌でした。

 

けど、これってそういうのではなく、「今あること」はすべて「当たり前」ではなく、「有り難いこと」と気づいて感謝するいうことなんですね。

 

 

そう、毒々しい緑のインド薬と静養で回復し、その後も無事旅行を続行させることができたのでありました。

(もちろん、帰国までにまだまだやらかしましたが)

 

 

 

病気を自分自身の成長のための

贈り物ととらえることが

病気を治すための最高の手段である

 

~アンドルー・ワイル~

こんなやらかしっぱなしのワタシ、仕事でも

いろいろやらかしました……。

SNS集客……がんばろうとしましたが、これ読んで

気持ちを変えました→2020年からのFBの集客法 |もうFBでは集客できない?その傾向と対策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする